aspを語る上でサーバも語る

aspを使いたいという人が全国的に増加してきているようですね。

aspはITの世界ではわりと勢いのある技術のひとつです。

aspは以前はITの現場においてすらあまり存在感がありませんでした。

aspといってもあまり歓迎されることがなかったくらいです。

しかしaspは数年前からだんだんと注目を集めるようになりました。

aspを他の言語やスクリプトと組み合わせて開発を行っているプロジェクト等もたくさん見られるようになりました。

時代は変わったものですね。

aspといえば、サーバのこともよく話題になるようです。

もともと、ITの現場ではもともとサーバのことは頻繁に話題になりますから、それを思えば珍しいことではありませんが、aspとサーバの関連は独特の事情があるかもしれません。

まず、aspはレンタルサーバとの絡みで話題になりますね。

レンタルサーバを借りるとき、aspを使える環境にすることが最近はよく求められるようになってきました。

そして、aspという言葉にもいろいろな意味が実はあるのですが、ネットワークを穀zするときに使われるaspというものも世の中には存在しています。

この場合のaspも、サーバとの絡みでよく話題にされますね。

asp型とサーバ型という種類があるからです。

サーバ型はサーバを必ず用意しないといけないということで、以前からあるやり方です。

それとは対照的にasp型はサーバを用意する必要がないことから、コストや手間を省ける可柏ォがあることもあって、かなりの注目を集めるようになりました。

最近はasp型のネットワークはとても人気があります。