インターネットが便利です

asp.net 3.5が発

asp.netはさまざまなところでさかんに使われていますが、幅広い場所で受け入れられるようになったということもあって、どんどん開発が進められてきました。

asp.netはaspを.net化したものです。

aspという言葉はさまざまな意味を持っています。

aspは多くの場合、長いフレーズの略称なのですが、asp.netに関する限りは、Active Server Pagesを縮めた言葉なのです。

そのようなaspですが、.net化することによって、.net frameworkに対応しているたくさんの言語でアプリケーションの開発ができるようになっています。

こうしてasp.netはさまざまな開発の現場で利用されるようになったのですが、バージョンのアップも随時推進されてきました。

ひと昔前までは、2.0や2.5が主流だったのですが、今では3.5が注目を集めています。

3.5になったことで、革新的な機狽ェ追加されたと唱えている人もたくさんいるくらいです。

3.5になってから、それまでは追加してインストールしないと使うことができなかったasp.net ajaxがデフォルトでサポートの対象に入ることに変わったのです。

しかも、LingDataSourceの機狽ェ追加されたため、LINQクエリーを使用するデータメ[スをコントロールできるようになりましたし、ListViewという機狽熾t加されました(これは、GridViewの機狽pワーアップさせたような機狽セとイメージしていただければよいのではないかと思われますね)。

……もっとも、ここに並べたのはほんの代蕪Iな機狽フ一部にしかすぎません。

これ以外にもたとえば、Java Scriptを使うときに従来よりもだいぶ使いやすくなった、といったメリットが多数あるのです。

とにかく、asp.netは3.5から大幅に強力になっているのです。